『ギー』の作り方ワークショップ

「アーユルヴェーダ」でも様々な方法で使われるスーパーフード「ギー」。アメリカでは「最も体に良い油脂ベスト5」の「第1位」に選ばれ、アメリカの『TIME』誌が選ぶ、世界で最も健康に良い食品50にも選定されたすごいオイルです。

インド料理、スリランカ料理ではよく使われますが、日本ではまだまだ知られていないギーの魅力と作り方を今回のワークショップで学びましょう!!!

近頃では、亜麻仁油が流行したり、オイル美容という言葉が流行るなど、徐々に「油」についての認識は変わってきていますが、「良い油」と「悪い油」を区別することが大切です。

控えるべき悪い油とは?

悪い油とは、大きく分けて2種類あります。人工的に作られた油である「トランス脂肪酸」と、「酸化した油」の2つです。トランス脂肪酸の有害性は日本でも知られるようになってきましたが、細胞膜の中に入り込み細胞の働きを狂わせ、栄養物質を食い荒らしてしまう危険な食品です。近年では、ガンや悪性リンパ腫の出現を引き起こすことが判明し、日本以外の多くの国で使用が禁止されています。しかし、残念ながら日本ではいまだにパンやお菓子の中に含まれています(ショートニングやマーガリン)。

また、どんなに良い油でも酸化すると、体内で活性酸素を増やし、細胞を傷つけるので「悪い油」になってしまいます。例えば健康に良いイメージがあるオリーブオイルですが、オリーブオイルは実から抽出しているので、光に触れたり、加熱すると酸化しやすい油です。亜麻仁油も同様で酸化しやすいので、健康のためと思ってとっている油が実は体内を傷つけていた……ということもありえます。

一方で、ギーの脂質の酸化反応は極めて低く、加熱調理にも使用でき、保存も常温で良いので、劣化しづらく使い勝手が非常に良いのがギーの特徴です。

ギーとは最高の脂質

ギーは、中鎖脂肪酸が多く含まれています。中鎖脂肪酸は一般的な脂肪酸と比較して消化吸収が4倍ほど高く、10倍のスピードで体内で分解され、エネルギーとして燃焼されます。つまり、脂肪になりにくいのでダイエット効果が高く、また海外ではスポーツ選手のエネルギー源としても重宝されています。味はバターに似ていますが、バターより長鎖脂肪酸が少ないため、バターの代用品として使っても脂肪が蓄積しにくいオイルです。

また、ギーはビタミンA、D、E、Kが豊富なので、肌や骨、脳、心臓、免疫系の機能に不可欠な栄養素を豊富に含んでいます。

しかし、何よりギーの魅力は「消化力を高めること」です。基本的に、全てのオイルは重性を持っているので、食べると消化に重く、負担をかけるのですが、アーユルヴェーダの古典ではギーは消化力を高めると記されています。特に、消化力が弱っていて、うまく消化できずに下痢や便秘を繰り返している人にとって、ギーは消化に負担をかけずに良質な脂質を摂取し、ビタミンなど他の栄養の吸収を高めるので、健康増進にも美容にも良い優秀なオイルです。便秘の改善にも効果的です。

ぜひ、この機会に『ギー』の作り方を伝授しましょう!!!

【日時】2022年6月11日土曜日 10:30〜約50分
【持ち物】当日に出来立てのギーを食べたい方はパンをご持参ください💕
【予約】通常の予約サイトにて受付してます↓↓
予約サイトに進む

レッスンスケジュール

  1. 2022.03.22

    ヒーリングヨガ

  2. 2021.12.25

    アーユルヴェーダーWS

  3. 2021.11.29

    武井典子先生WS-3弾

  4. 2021.11.08

    金剛山の詳細

  5. 2021.10.22

    金剛山に登ろう!!!

PAGE TOP